アラキ工務店の古材倉庫をテレビ生放送

アラキ工務店 「あらき古材倉庫」

アラキ工務店のあらき古材倉庫




 2005年6月2日、いろんな方々とのご縁で、弊社の古材倉庫をテレビで放映いただきました。
 大変嬉しかったです。

 生放送でしたので、その場その場で適当にお話してしまい、少し反省しています。
 お施っさんに『荒木さん、全然緊張してませんでしたね!』と言われてしまいました_| ̄|○




平野さん「♪柱の〜傷は〜おととしの〜」
大工さん「♪はいはい」
平野さん「♪五月五日の背比べ〜」
大工さん「♪はいはい」
 平野さん、とっても元気!

 ちなみにこの柱には傷は見当たりませんでした(笑)


平野さん「ということで、今日は、古材を使って町家を再生しておられる、右京区のアラキ工務店さんにやってまいりました」
 


平野さん「ではみなさんで、元気よく、
     『LIVE5!』」

 事務所に大工さんが4名残っていたので、第一倉庫まで来てもらいました。


   真庭さんです。

 弊社従業員ではないのですが、よく応援に来てもらってます。
 のりのりで、ハッピ着てもらいました。


MC「いやぁ、みなさん元気ですねぇ。どんな話になるか楽しみです」 


平野さん「こんこん」
私「入ってます」
平野さん「もう我慢できないのですが」
私「もうちょっと待ってください」
平野さん「この建具、昔なつかしいですね!」
MC「硝子の穴の形は何を意味してるのでしょう?」
私「すみません、わかりません」
 こんなシチュエーションで始まったら威厳も何もありません。(T_T)

 
 このトイレの硝子穴、やはり蓮の花の形を現したものなのですが、いきなり聞かないで!


平野さん「どうして、こんなに集められたのですか?」
私「改修のたびに、あまりに良い材料なので、もったいなくて持って帰ったんですよ」
MC「荒木さん、捨てられない性格ですね!」
私「私の家は片付いてます(`^´)」
 いきなり私生活の話題を・・・
平野さん「ではこちらの写真をご覧ください」

・・・・「きゃ〜」
平野さん「ごめんごめん」
 逃げ惑うスタッフたち


 宣伝いただいて、大変嬉しかったです。


全員で「それでは皆さん、さようなら〜」
頭が薄くなってきたのが気になります。
ちょっと悲しい…

<古材> 床柱 床板・地板 構造材(梁・柱等) その他  <古建具> 蔵戸・くぐり戸・門戸 格子戸・板戸 襖・障子 欄間 その他
copyright(C) (株)アラキ工務店 All rights reserved by seo 古材・古建具のあらき古材倉庫
あらき古材倉庫 古材倉庫の紹介 古材 古建具 古材の特徴 施工事例 お知らせ お問い合わせ